松下ブログ

  Visit in November, 2009 Total Today Yesterday
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
ビジターの時計盗難事件
一昨日(9月17日・月)、お二人のビジターが同時にモヨを去られる日。お一人のビジターを空港までお送りし、「ニュー・ホーム」へ帰宅。もうお一人のビジターGさんとスタッフが何やら探している。聞いてみると、Gさんの腕時計が紛失しているとのこと。Gさんが泊まったベッドの上に置いてあったとのこと。

Gさんが泊まっていたルーム3の子どもたちの収納庫を調べると、M(12歳・5年生)の収納庫から別の物が出てきた。それは、Gさんの2つの小さなバッグに入った電子機器。それらが、Mの洋服と洋服の間に隠されていた。

直ぐに子どもたちを学校から呼び戻し、彼らと話し合う。全体で話し合った後、一人ひとりを別室に呼び、話を聞く。Mを疑う声が多い。Mは否定するものの、状況がMを示している上、彼の態度の普通でない様子に、益々疑惑が深まる。何かを隠し、何かに怯えている。

Gさんにとっては長年使っている大切な時計とあって、予定を変え、更に1泊し、子どもたちと話し合うものの、誰も名乗り出ないし、Mも心を閉ざし始める様子。子どもたちとスタッフ、Gさんで家中探すものの、結果は同じ。その過程で、Mがスプーンを4本ベッドの下に隠しているのが見つかる。まるで、何かを溜め込み蓄える動物を思い起こさせる。普段は目立たない彼。活発で、成績も良い。大きな問題を起こしたこともない。そういう彼のことに余り注意を払わなかった。そのことと関係するのか。彼の心に何が起きているのか。

「ナイロビでまだ1週間ほど滞在します。何か変化があったり、時計が帰ってきたらご連絡ください。この事件を通じて多くのことを学ばせてもらいました。どうか子どもたちを責めないでください」という言葉を残して、Gさんはナイロビへ。

昨夜、子どもたちにGさんの思いを伝えた。子どもたちはこの事件をどのように捉えているのだろうか。そして、Mは?暫く、様子を見ながら、誰かが名乗り出てくれるのを待つ。

9月19日(水)記     テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 15:55 | - | -
あれから早8日!
ケヴィンの婚約祝から既に8日が過ぎた。その間月曜日には新たにお一人のビジターが着いた。この方は世界中を旅されて3年間近くなるという男性。これで滞在中のスタディの方々は3名。加えて日帰り訪問の方も。

この1周間、メモを辿りながら思い起こすと、タウン視察3回、ストリートの子どもたちとの再会、農園訪問3回、キャンドゥトゥ訪問等々。中でも、農園地域担当行政官を挟んでの、農園近くの採石場のオーナーの方々とのミーティングは緊迫したものだった。

嬉しいニュースもある。ビジターと一緒にスラムを歩いていると、今年のDVDに出演してくれたアブディ(14歳)が声をかけてくれ、家へ連れて行ってくれた。母親と会い、話し合った。母親は彼をモヨに預けたいとの希望だったが、アブディは決心できなかった。「気が向いたらいつでもおいで」と言い置いて別れたが、彼はそのままゲームセンターへ直行、それに夢中だった。シンナーに続き、ゲームという強敵が現れた!

昨日は日本人会のふれあい祭りで日本人学校へ!同行したのは子どもたち11名、スタッフ1名、ビジター3名に私の16名。一日楽しませて頂いた。

明日は2名のビジターが去られ、明後日には4名の方々の訪問が予定されている。今月は、月末まで、ビジターの滞在が続く。加えて2日の予定だと言っていたガシオは今日で11日目の滞在になる。新しく臨時に預かっているエドウィン(13歳)も短期滞在、賑やかな日曜日の夜。これから大人たちの時間、明日去るお二人の送別会。

9月16日(日)記      テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 02:00 | - | -
ケヴィン婚約!
一昨日(9月8日・土)、ニュー・ホームで子どもたちとスタッフと一緒に、ケヴィン・ワンジョヒ(23歳)の婚約を祝いました。元モヨのホームにいたチェゲ(22歳)も駆けつけてくれました。

ケヴィンは私に取っては、本当に大切な子どもです。彼とパティ(26歳?)に出会ったことがきっかけで、2005年に子どもたちの家をオープンしました。それ以来、今日まで色々なことがありました。

反対を押し切って入学した高校を退学、その後に行ったカレッジで縫製を習い、独立したものの、上手く行かず、マリファナに溺れ、何度も連れ戻し、やり直させました。刑務所にも入れられました。その時は手を出しませんでした。出所後、改めて会い、ニュー・ホームから、改めてやり直させました。

その彼が落ち着き始めたのは昨年のことです。マリファナをきっぱりやめ、新しい人生を踏み出しました。そして、ある方のご厚意で今の職場を紹介頂き、今は正社員として働いています。今は、清掃会社で、機械のメンテナンスを中心に働いていますが、お金を貯めて、将来はやはり、縫製とデザインをやりたいと言っています。

一昨日の婚約を祝う会での彼の笑顔はとても素敵でした!彼の何処が気にいったのかと聞かれ、「彼の全てが好きです!」と答えた、ジョイス(21歳)にヤンヤの喝采が起きました!この若いカップルに幸あれ!と祈ります。

9月10日(月)記     テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 15:23 | - | -
ケニア帰国後
日本での3ヶ月近くの行脚を終え、子どもたちの元に帰って以来、早10日目。日本でお世話になった皆様へのお礼状をお送りした後、直ちに留守中に起きた問題整理を開始。10歳のKの起こした問題への対処、農園の視察と今後のことへの対処、NGOボードからの質問上への対処、ナイロビでの所用等々、休む暇のない日々。同日にケニア入りした、スタディのNさんにも手伝ってもらう。昨日には富山からOさんが。彼女は2回めの訪問。

苦しい選択を迫られること、スタッフの問題対処への失望等々の間で、嬉しいことも。ある日タウンで16回目の家出中のガシオ(16歳)に声をかけられた。「ガシオ、元気?気が向いたら家へ帰っておいでよ」「うん、考えとく」「待ってるね」との会話で、別れた翌日の夕方、重いカバンを持って帰ってきた。

「今回はどういう予定?どうしたい?」と聞くと、「まずシャワーを浴びて、ご飯をお腹いっぱい食べて、寝たい!」「分かった!ところで何日ぐらいいる?」「2日間、マゴゴニの農園に行ったら、タウンへ帰る」とのこと。

昨日、マゴゴニの農園へ。野菜への水やり等、喜々として手伝う。野菜に対する知識も豊富だ。「ところでガシオ、一体どの位、シンナー無しで暮らせる?」「タウンだと1時間半位、でも、こんな農園のような所だと、長時間大丈夫」と。

彼が帰ってきて、今日で3日目。他の子どもたちと混じり、違和感は余り無い。他の子どもたちも茶髪で、面白い?彼の髪型も、彼が携帯電話を持っていることも自然に受け入れてくれている。

彼が路上で描いた絵をいっぱい見せてもらった。今は売っていないとのこと。路上で絵を描いていると、それを見た人がお金をくれるのだとか。先日はローカルテレビに出演したと話してくれた。そのテレビ局の人が「テルミに電話する」って言っていたので、電話があったら話して」と、頼まれた。

色々あるが、矢張り、子どもたちとの生活は面白い!

今日はモヨを出て自立したケヴィンの婚約を祝う会!現在、子どもたちとスタッフが準備中。楽しい嬉しい一日になりますように!

9月8日(土)記        テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 17:13 | - | -
お礼とご報告・ケニアへ無事帰国
日本でお世話になった皆様へ

お世話になっています。松下です。昨日(8月30日)午後、無事ケニアへ帰国しました。子どもたちもスタッフも元気に迎えてくれました。私とほとんど同時にケニアへ着かれたスタディーの女子学生さんも一緒にティカ入りし、早速昨日から日常活動開始!です。

さて、この度の「2018・報告会+キャンペーン」では、色々お世話になりました。ありがとうございました。心よりお礼申し上げます。今回の旅は6月3日に日本へ帰国、8月29日に日本を離れるまで、行脚始めの体調不調に加え、日本の想定外の?酷暑に悩まされながら、地震、水害等々の天災の合間を駆け抜けるような厳しい旅でした。

ある時点までどうにかくぐり抜けたものの、最後に台風20号に追いつかれ?徳島への飛行機が欠航、夜行バスに乗ったものの、明石大橋が通行止めで岡山から高松を経由して徳島へと14時間。早朝から足を求めて?駆けずり回り、その挙句に、待ってくださっていた「太陽と緑の会」の報告会をキャンセルせざるを得なかったのは、本当に申し訳ないことでした。

色々反省点はありますが、そんな私に今年も100回を超える機会を頂き、お礼の言葉もありません。これもひとえに皆様方のご協力あればこそでした。改めて、心よりの感謝を捧げます。ありがとうございました!

皆様方にはお世話になるばかりですが、引き続き、どうか宜しくお願い致します。また、頂いたお名刺の整理も未だできていず、お世話になりながらお礼も申し上げず、失礼する方々が多くいらっしゃるのではと心配です。このメールをFBを通じて配信させて頂きますが、皆様のお仲間にもどうか宜しくお伝えいただけますように!

最後に重ねて、ありがとうございました!!

2018年8月31日 松下照美
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 18:16 | - | -